2019ベネチアンガラス発祥の地、 ムラーノ島ひとり歩き


2019年103日。

前から行きたかった、

ベネチアンガラス発祥の地・ムラーノ島へ。




職人さんが誇らしげで観ていて痛快! 見学者みんなで拍手しました。


ガラスショップにて



素敵なショーウィンドウばかりでしたが、ほとんどが

「撮影禁止」の表示なので、あまり写真が撮れませんでした。



工房見学、町歩き、ランチ、ショッピング、ガラス博物館と、

6時間楽しみました。

ネットには3〜4時間あれば足りると書いてあったけれど、

私には6時間でも足りないくらい。

次々と観光するよりも、

一つのエリアじっくり味わう旅のほうが好きです。





ランチ@ムラーノ島。

シェフおすすめ魚介スパゲティとほうれん草のバターソテー。



ムラーノ島ガラス博物館


博物館のポストカードにもなっていた「たこ」。

どこかユーモラス。でも非常に高い技術だと思います。


同じく博物館にて。紀元前のガラスたちです。



やはり人様の洗濯物を撮りたくなってしまう。

絵になるんですよね。そして、人の息遣いも聞こえてきそうで。


洗濯物の、この色合い。おしゃれな人だと思う。





ガラスの木と、レンガの塔




この日の夜は、

いよいよ6人の仲間がベネチア本島に集合して記念のご飯。


ところが、私は戻る時間を読み違えた上に、

遠回りの水上バスに乗ってしまい、

時間は過ぎるわ、

見知らぬ風景の場所に連れて行かれるわ、

船のお客さんに聞いても埒が明かないわ、

スマホの電源は10%を切るわ、

空はだんだん薄暗くなるわ、

なかなかのピ~ンチ。


待っててくれているみんなに悪いなあ…、


今夜は知らない島で夜を明かさないといけないかも…。

野宿? やだやだ、

どこかの家のドアを叩いて助けを求めよう。


そんな妄想が脳裏を駆け巡りつつ…、

それでも夕陽は美しかった。




結局、1時間も遅れて本島に着き、

迷宮の街にあるレストランに気合で辿り着けました!

遅れてごめんなさい。

みんなに会えたときはホントうれしかった! 

めでたしめでたし。



奮発して自分に買ったムラーノグラス。

驚くほど軽く、縁取りもガラスだから強く、色もきれい。

裏にMuranoと彫られています。日常使いで楽しみます。



この日でひとり旅は終わり。

翌日からは仲間旅が始まります。

カラフルな家々で知られるブラーノ島に行くことになりました。

https://76653926.at.webry.info/20191018/index.html



旅人の瀬戸川礼子でした。


◆2019年10月に行ってきました、

イタリア~クロアチア~モンテネグロ~ギリシャの旅ブログは下記をご覧ください。


イタリア・ベネチアの「メストレ駅」とスーパー「SPAR

https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201910article_2.html


イタリア・ベネチアひとり旅 ~迷宮・ラビリンス~

https://reikosetogawa.seesaa.net/article/201910article_4.html


イタリア・フィレンツェひとり旅

https://76653926.at.webry.info/20191016/index.html


イタリアのカラフルでキュートな「ブラーノ島」

https://76653926.at.webry.info/20191018/index.html


クロアチアの世界遺産の都市・ドブロブニク ~魔女の宅急便の舞台~

https://76653926.at.webry.info/20191021/index.html


モンテネグロの世界遺産のまち「コトル」

https://76653926.at.webry.info/20191023/index.html


ギリシャの美しい高級リゾート「サントリーニ島」へ

https://76653926.at.webry.info/20191025/index.html


ギリシャのカタコロン(オリンピック発祥の地)

https://76653926.at.webry.info/20191027/index.html


「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと
「いい会社」のよきリーダーが大切にしている7つのこと

この記事へのトラックバック