日野原先生のお話 ~トイスラー先生と聖路加国際病院~


きのうは、聖路加国際病院の日野原重明先生のお話を拝聴しました。

慶応義塾長の清家篤さんも登壇されました。


「外国人居留地研究会 全国大会in東京」の席だったので、

日野原先生は、「生き方」の話ではなく、

わが街・東京都中央区と聖路加国際病院の歴史の話をされました。
http://genki365.net/gnkc07/pub/sheet.php?id=4840


写真は会場の聖路加看護大学です。
画像


















お話の本論もさることながら、とにかく、先生の姿に感服しました。

日野原先生は現在、御年102歳でいらっしゃいます。

檀上までの数段を自分で上がり、

檀上では演台の外に出て、1時間ずっと立って話されました。


最初、マイクの電源が入っていなかったのですが、

300人収容のホールの隅々まで聞こえる地声でした。


パワーポイントのスライドを変えるときは、

操作する人に「はいっ、次!」と、“先生”っぽく言うので、

私たち会場はおかしくて笑いました。

お話は論理的かつ人間味あふれ、とても面白かったです。


人のために生きる人はすごいな…。

その姿を、しっかり目に焼き付けました。



1873(明治6)年に、キリシタン禁制が撤廃された後、

函館、横浜、神戸、長崎など、全国に外国人居留地がうまれ、

東京の築地もその一つになりました。


聖路加国際病院は1902年、

アメリカからやってきた医師で宣教師のトイスラー先生が創立しました。

その前は、佃島に小屋のような診療所があるだけでした。


聖路加国際病院は、1923年には関東大震災で全壊してしまいます。

しかし、仮病院を経て、2年後には新病院に建て替え、

公衆衛生や医師のインターンなど、国に先駆けて取り組みを始めました。


第二次世界大戦後は12年間も米軍に占領されますが、

戻った後は必要な建物を増やし、現在の形となりました。
http://www.luke.or.jp/

私の父も一か月間、入院でお世話になったことがあります。



トイスラー先生が書いた同病院の存在意義が記されています。

「キリストの(略)偉大な愛の力を、

誰もがすぐ分かるように計画されてできた、

生きた有機体がこの病院である」




日野原先生の姿と、トイスラー先生の「生きた有機体」という表現に

しびれて帰ってきました。


ジャーナリストの瀬戸川礼子でした。

この記事へのトラックバック