北陸先端科学技術大学院でセミナー


こんにちは。ジャーナリスト、中小企業診断士の瀬戸川礼子です。

北陸先端科学技術大学院大学の東京キャンパス(芝浦)にて、
「顧客満足の失敗学」のセミナーを行なってきました。
本校は石川県にある国立大学です。
http://www.jaist.ac.jp/index-j2.shtml


セミナープログラムは3部構成(90分)にしました。
①顧客満足とは ~人の満足はどのように構成されるのか~
②社員満足とは ~なぜ社員満足が重要なのか~
③顧客満足対策の失敗例・成功例から学ぶ
           ~なにが失敗と成功とを分けるのか~


技術系(MOT=マネジメント・オブ・テクノロジー)の大学院で
CSセミナーが開催されるのは不思議な感じがするかもしれませんが、
“顧客満足”の概念はすべての分野に必要なものですし、
そう考えて呼んでくださったことにとても感謝しています。
知識科学研究科の小坂満隆教授にお声掛けいただきました。


ありがたいことに、いつもより多くの方が集まってくださったそうで、
熱心にメモを取られる姿に私も勇気づけられました。
質疑応答(感想も含む)に30分を設けていましたが、
それでは足りないほどで、CSやESへの関心度の高さを
ひしひしと感じることができました。


同校では、「サービス経営コース」というプログラムを今年10月から
スタートする計画です。まだ全国的に珍しい取り組みです。

個人の資質によって価値が大きく変化するのがサービスの魅力であり、
難しさでもありますが、そうした感性の面だけではなく、
組織マネジメントとしてサービスの生産性を高めるという目的も追及
されるそうです。面白そうですね。

サービス経営コースの紹介はこちら→ http://www.jaist.ac.jp/mos/



ところで私の失敗学のセミナーは、
聞いてくださった方から「身につまされた」と、よくお聞きします。
その気持ち、よーくわかります
でも、数々の成功例のほうをできるだけ強くインプットしてくださいね!
そのように毎回、お伝えしています。
自分も周りも明るい気分になれて、実行力が高まるからです。
ご紹介する事例も、実は成功例のほうが1.5倍くらい多いんですよ。
これからもいい事例をたくさんご紹介していきたいと思っています。


『顧客満足の失敗学』

「顧客満足」の失敗学 社員満足がCSを実現する!
同友館
瀬戸川 礼子

ユーザレビュー:
豊富な事例でわかりや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのトラックバック